エッセー1:居心地(いごこち)とはなにか

居心地(いごこち)とは一般に
「居る所、場所、空間の心地」と思われていて、
「住み心地のこと」ともいわれている。

が、さらにもう少し丁寧にすると
「身を置く空間(場所・環境)において抱かれる(受ける)平安な(安らいだ、幸福な、気持ちのいい)心地(心持ち、気分)、また、ものごと(とくに人間関係)に対する心の置き所」
ということになってくる。

これに加えて、
「みずからの心の平安・安らぎ・落ち着きなど」の善し悪し、すなわち単なる「心の置きどころ」
でも使われる場合もある。

しかしこれだけではおさまらないほど、広く深いものであるので、定義そのものがこれからますます比較検討されていくべきものだろう。

居心地

お伝えしたい要点

1「いごこち(居心地)宣言」をしました。
「居心地」は人のこころに響く強い言葉
・ひとりでも多くの人が「居心地(いごこち)」と言う言葉を再意識しよう
・「いごこち」という言葉をマントラのように持つと気分が和み、お互いのコミュニケーションにも有効にはたらく

2 「居心地」は「快適」とちがいます

・快適は、物質的な対象物(ハード)に対して感じる感覚的な快さ
・居心地は国境を越えて、人間が求める共通のもの、外見にとらわれるものではない。
・日本語の「いごこち(居心地)」には日本人の特徴の、あいまいさ、言外に余情を残すところがある、だから快適さとは区別される気持ちの良さが問題となる。

3 家や、癒しの施設や、働く場所、公共の場など、ありとあらゆる空間づくりにとって、最終目標を居心地の良さに求めるならば、「心を取りこんだ空間」が実現するでしょう。それは記憶や思いをこめたものにもなるでしょう。

4 人との関係で、なかなかうまく距離がとれなかったり、自分の殻にこもりがちになるとき、すこしでも自分の「居心地のいいゾーン」を広げようと試みることが救いになるでしょう。
「居心地のいいゾーン」こそその人の砦である。それをどのように実現すればよいのだろうか、現代のおおきなテーマのひとつです。

5 安原喜秀と語る会-語らいの場、「いごこち(居心地)について語ろう」
安原喜秀が語る会-講演会 セミナー「いごこち(居心地)について」開催のお知らせ

さらに「居心地への誘い」へ


エッセー2

私たちは常に「居心地」に悩まされています。

いつも「居心地よさ」を求めているからです。

居心地よい家庭、居心地よいクラス、居心地よい会社、居心地よい街、

居心地よい人間関係、居心地よい社会、、、、、、などなど。

それでいながら、なかなか実現できなくて、苦しんでいます。

 

一体、「居心地」って何でしょう?

「居心地」は文字通りには「居る所の心地」ですから、問題にしている場所や空間があります。

 

この日本語が使われだしたのは明治時代の後期、まだ100年ぐらいしか経っていません。

それでも、「居心地」のいいのは、誰にでもピンときて、楽しさであり、くつろげたり、癒されたり、と様々に感じられるものです。

ある場所のことであったり、食事をしていて居心地よかったと、場所と人が関係していたり、また時には、漫画を読んでいて、あるいはスマホを触っている時間が居心地よかったりと、幅の広い奥行きのある言葉です。

 

いろいろ調べてみると、居心地は、人の心にやってくる、「氣の流れ」であり、自分の周りと結びつけ一体となる、「そこに居る幸せ」を感じる心です。

 

どうして、それが流れてきて、幸せを感じるのでしょう。

それがわかると、どうすれば「居心地」を手にすることができるかがわかるのではないでしょうか。

 

人間は古来、「快適」を求めてきました。たくさん歩いていかなければ仕事にならない、苦しい思いをしていた労働を代行してくれるものを生み出す、寒さや飢えをしのげる手立てを見つけるなど山ほどのことでした。この、人間の生活を快適に快適に追いかけてきて、多くの発明発見も手にしてきたのでしたが、この快適を求める動機の中から「居心地よさ」を求める動きが生まれてきたのでした。

ですから「居心地」は「快適」の兄弟です。

 

でもどうして、「快適」だけでは済まなかったのでしょう。

 

それは「快適」に支えながらも、そこに新たなる心情が加えられたからです。

「快適」では尽くせない、余情、余韻、憧れ、希望などがあったからです。

「居心地」が深いものであることがわかります。

 

「居心地」の不思議さと、広さと、深さに目を向けて行きましょう。


エッセー3

・「氣」は波動であり、エネルギーである。

人体に氣が生じ、流れ元気の元である。空間に氣が流れ、当然それは活気、景気となり、環境にも流れ大気としてあり、氣は同じであるから、人の気と空間の氣と環境の氣と一体となる。

・その氣は人間にとって良いものであり、美しいものである。

居心地は氣がもとになってこの世に存在する。居心地を招き寄せる空間があり、また、その空間を呼ぶ人があり、人と人がある。「居心地空間」と呼ぶ。


エッセー4

居心地研究会への誘い
居心地研究所への誘い
居ごこち学会の会員有志があるとき、思い立ちました。
私たちは日々、自分の思うようになかなか生きてはいけないと分かって暮らしています。
気がつくと、いろいろな思い込みや潜在意識などに振り回されているのではないかと思うことがあります。そんな心の中に目をやり、それらと向き合い、時にはそれらをとり払いたいと願う。そのような試みを行う勉強会を持ちたいということになりました。

居心地のなかでも、こころの内面からくる居心地のよさを求めようとするのが主眼です。
参加されている方は、通常の医療・代替医療、住宅や建築のデザイナー、自己啓発、カウンセリング、命や健康。スピリチュアル系の事を科学しようと試みているかたがたなど、異業種の方々が関心を示され参加されています。そうなりますと自然に、多分野との活発な話あいは、それぞれに多くの刺激と情報交換がをともなって行われます。またそこでの「居心地」をとおしての交流や連携などが盛んにひろがっていく場となります。

ともすれば「聴くだけ」に終わりがちなセミナーやレクチャーの多い昨今、体験型学習ともよべる研究ディスカッションを希求していますので、とくに感性や心の研究に新しい視点から果敢に挑戦されている研究者や実業家にお話きかせていただいたり、訪問させていただき、試みの成果を体験させていただくことも織り交ぜられています。参加者のなかには、たとえば、

―ここに来ると居心地がいいだろう、と思って来ます。自分が居心地よくなりたい、そうすれば他人様の居心地が良くなり、自分が幸せになる。それをすこしづつでもみんながやっていけば世界平和につながるのでは、と考えていますと言う方、また
―居心地はいろんな議論ができる深い、大きなテーマなので、そこでのいろんな議論・意見をたくさん浴びたいと思いますし、また居心地いいと思う空間が作れるようになりたい、こんな居心地への欲求が満たされれば非常に満足です、と言う方
代表的なご意見のひとつです

開催は年3回の予定。事前に会員登録の要。


*詳細については後日お知らせいたします。